読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地下から錠剤

基本ポケモンのことしか書きません。面白いけど強いかも?ってなるような考察を常にしています。

【サンムーン】鉢巻カバルドン

どうも、しえなです。前回の特殊フライゴンは、初めての記事としては確実にポケモンの選択ミスだったので挽回しようと思い、すぐに新しいポケモンの考察をしました。
というわけで今回は鉢巻カバルドンについて考察していきます。カバルドンですが意外と技範囲が広く、決して低くないA種族値を持っていながらも高耐久とサイクル向きのポケモンとなっています。それでは考察に移りましょう

f:id:syena:20170326223734g:plain

カバルドン@鉢巻 

努力値60-252-20-0-140-36

実数値191-180-141-×-110-72


H…16n-1、6n-1

A…極振り

B…メガメタグロスのバレパン→冷パン確定耐え

D…余り

S…50族4振り抜き(メガクチート意識)


技構成

確定技…地震、氷の牙

選択技…岩封or岩雪崩orエッジ、炎の牙、アイへ(6世代教え技)、馬鹿力(6世代教え技)

噛み砕くはゲンガーが浮遊を失ったことで採用する理由は薄くなったと思います。


与ダメ

※砂ダメ考慮

 地震

H252メガリザードンX 126.4%~

威嚇込みH252メガクチート 89.1%~107%(37.5%)

H252バンギラス 114%~ (メガは乱数12.5%)

H252盾ギルガルド 107.7%~

 氷の牙

威嚇込みH212霊獣ランドロス 83.7%~100.5%(6.3%)(H4は乱数81.3%)

無振りガブリアス 126.7%~

威嚇込みH4メガボーマンダ 70.1%~84.2%

 岩雪崩

H252メガリザードンY 168.6%~

HB特化サンダー 51.7%~61.9%

H252ウルガモス 125%~

 アイアンヘッド

H252カプ・ブルル 68.9%~81.3%

H252カプ・テテフ 97.1%~115.2%+砂 確定1

H252ミミッキュ 101.2%~

 炎の牙

H252メガハッサム 94.9%~112.9%(68.8%)

HB特化ナットレイ 75.1%~88.3%


被ダメ…といきたいところなのですがカバルドンは予想以上に役割対象が多く書ききれないので簡単に説明します。まずBは上に書いた通りメガメタグロスのバレパン後冷パンを確定耐え、Dは特化フライゴンの龍星群zを確定耐え(←ネタがわからない方は一つ前の記事を見てください)くらいまでだと思ってください。


 まとめ

今回は割と使える型を考察しました。私はORASカバルドンを嫁ポケとして使っていたのでこの型も勿論使ったことがあります。感想としては、やっぱり欠伸ステロの方が強いのかなぁ…と思いますが、初手ガブをぶっ飛ばしたりできるときはめちゃくちゃスッキリします。言えば時と場合によってどちらが良いかは分かれるということです。現環境、Z技のせいでカバルドンは肩身の狭い生活を送っていると思われがちですが、それも使いようです。この型をうまく使うことができれば相手の戦術を一気に崩壊させるほどの力を持っています。皆さんも1度このカバルドンを使ってみてはどうでしょうか。


今回が初めての記事ですが()どうでしたでしょうか?もう少し時間があるときにこの記事を書いていれば被ダメの計算が出来たのですが、タイミングが。(訳:めんどくさかった)

どうにか前回の記事の尻拭いをしようとすぐにこの記事の作成に取り掛かったので雑な点も多かったかと思います。ですが、次はさすがに1週間は空けます。疲れました。

私はスタンダードな型をスタンダードに考察、説明するのがあまりにもナンセンスでつまらないのでもしかしたらこれからもネタの豊富な記事を書いていくことになるかもしれません。なので今回は少し真面目になってハードルを下げました。次はめちゃくちゃ面白いの書きます!!!

これまで読んでいただきありがとうございました。

【サンムーン育成論】特殊フライゴン

初めましてしえなと申します。

この度から当サイトにてブログを更新していこうと思ってます。どうぞよろしく。

早速本題に入っていきましょう。

今回は題名の通り、特殊フライゴンについて考察していきます。といってもほとんどガブとの差別化を図るためですが…

今更感ある話ですが、7世代になってフライゴンに竜舞が習得されました。ですが、結局はガブに勝つことはできませんでしたね。そして私は思いました、「特殊型なら?」と。

フライゴンガブリアスと唯一肩を並べることができる種族値がcなのでそれしかないと考え始めました。私が2ヶ月間考えて完成した特殊フライゴンの型ですので初投稿ではありますが、強さにはかなり自信があります!

f:id:syena:20170325040244g:plain

フライゴン@襷or竜z 控え目

CS極振りD4

155-×-100-145-100-152

Sのラインですが、このポケモン100族で何故か激戦区にいるので様々な相手に同速勝負を仕掛けられるように、ここでは準速にします。

Cについてはこうでもしなければ火力が足りません。(これでも足りません)

>技構成

確定技…龍星群、大地の力

選択技…大文字、めざ氷、カウンター、ギガドレイン(6世代教え技)

持ち物が襷であればカウンターを入れておくと相手の襷潰しも出来るので入れておくといいかもしれません。

余談ですが、特殊ガブリアスだと大地の力の枠がマッドショットになるのでウェポンでは勝てますね。

〈与ダメ〉

 ドラゴンZ(元龍星群)

H4メガガルーラ 73.4%~86.7%

H44D4メガリザードンY 74.2%~87.4%

H4D4ウルガモス 78.8%~93.1%

H244D52ポリゴン2 45.5%~53.9%

 龍星群

H252メガリザードンX 110.2%~

 大地の力

H252盾ギルガルド 51.4%~62.2%

補正有H212D52ヒードラン 105.6%~

H252メガゲンガー 76.6%~91%

無振りメガメタグロス 74.8%~89%

壁込みH108カプ・コケコ 49%~58.4%

無振りカプ・コケコ 107.5%~


〈被ダメ〉

C252カプ・コケコ マジカルシャイン 86.4%~101.9%(12.5%)

補正有C252メガリザードンY オーバーヒート 81.2%~96.1%

耐久調整はしていないので耐えられるであろう相手に対して対面で勝つことが目的です。気になるようでしたら個人で調整してください。

サブウェポンに関しては個人でツールなり使って下さい。仮想敵が全く思い浮かばなかったので、zのダメ計は同速勝負を仕掛ける可能性が高いポケモンで計算しました。


この記事を書いていて気になったのですが、Cに上昇補正極振りしたフライゴンとA無補正無振りガブリアスの火力はどっちが高いんだろうと思い火力指数を導き出しました。その結果…

上昇補正C252フライゴン 21750

無補正無振りガブリアス 22500

※同威力の技が無かったのでドラゴンタイプの威力100で計算しました。

はい。なんとなく予想は出来ていましたが。

フライゴンを使うなら圧倒的に竜舞型の方が強いですし、竜舞フライゴンを使うならガブリアスの方が114514倍強いです。

2ヶ月も考えて結局ただの特殊ATかよ!って言われそうですが勿論考えてる中で耐久調整の案もあったのですが、何よりこのポケモンは火力が全く足りず、素早さも甘えられない数値なのでこれが一番使える型だと判断しました。

私の2ヶ月を返して欲しいものです…

これにて特殊フライゴンの考察は終わりなのですが、読みやすさ等どうでしたでしょうか?初めて記事を書いた身なので至らぬ点も多かったかと思いますが、これから精進していきますので暖かい目で見てもらえるとありがたいです。